スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者が患者になるとき

kanjya

2008.12.30発行
A5・36ページ


医者が患者になったとき、見えてくることもある。
医者の目で見た診療所あれこれノンフィクション。
闘病記…というほどでもない、通院&入院記録。

通販はカートもしくはこちらからどうぞ。

お試しは以下に掲載。


医薬分業の余波

私は、実は医師免許を持っている。
なのに、しょっちゅう風邪をひいては長引くなんて紺屋の白袴、
カッパの川流れ、猿も木から落ちる、弘法も筆の誤り……
(あれ、だんだん意味が違ってきたぞ)、まさに医者の不養生である。

それはおいといて、
医者のくせに何故よその病院へ患者として行くのかを語りたい。
いいわけしておくと、医者ってけっこうソレ単独では無力なものなのである。
たとえ知識があったにせよ、
検査技師や機器の力を借りなければ診断にてこずる。
薬剤師と薬局が無ければ治療もできぬ。
であるから、バック(勤務あるいは経営する医院)を持たぬ医師など、
翼をもがれたスズメほどに微力な存在なのだ。

病気時、かようにかよわき状態の私の考えよりか、
夫の「おおざっぱヤマカンあてずっぽう診断&治療」の方が当たることも少なくない。
「調子の悪いときはこうしてこうする」というのが、
彼の場合本能としてプログラミングされとるらしい。
まさに野生の勘! 
人類の英知・医学は自然のプリミティブ・パワーに敗北してしまうのか? 
おそるべし。



表紙 LKカラー(レッド)180kg 一色刷(墨)
遊び紙 色上質中厚(みどり)前後
本文用紙 美弾紙(ライム)
印刷 くりえい社
最近の記事
私の本です。


カテゴリー
女医風呂twitter
リンク
プロフィール

神 薫

Author:神 薫
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。